収入証明書不要のカードローン

お金を借りるなら総量規制対象外カードローンで!

お金を借りるときに消費者金融にするか、それとも、総量規制対象外にするかで迷うことがありますが、総量規制対象外がおすすめです。
総量規制対象外のカードローンを選べば、

  • 高額融資も見込める
  • 収入証明書不要で借り入れできる
  • カードローン金利が低金利

というメリットがあるからです。

 

まとまったお金を借りるなら総量規制対象外!

 

まとまったお金、とくに年収の3分の1を超えるお金が必要なときは、必ず総量規制対象外カードローンを選びます。
規制の影響がある消費者金融では、自分の年収の3分の1までしか融資が受けられません。
年収の3分の1超のお金は、総量規制対象外でしか借り入れできませんので、希望額が多いときほど、規制の対象外を選ぶ必要があります。
また、本人に収入がない専業主婦がお金を借りるときは、利用が認められている総量規制対象外を選ぶようにしてください。

 

お金を借りるなら収入証明書不要で!

 

また、総量規制対象外のカードローンを選ぶことで、収入証明書の提出要件もゆるくなります。
規制の影響がある消費者金融では、

  • 50万円超の希望額のとき
  • 他の消費者金融との残高が100万円を超える借り入れになるとき

の2つの場合に収入証明書が必要になります。
源泉徴収票などをすぐに用意できれば別ですが、そうでないときは、書類の提出要件がゆるい総量規制対象外を選ぶようにしましょう。

 

お金を借りるなら低金利のカードローンで!

 

お金を借りるときの金利が低いほど負担が少なくなりますので、低金利の総量規制対象外がおすすめです。
消費者金融のカードローンでは、年率17%〜18%に設定されていますが、総量規制対象外なら10%〜15%で借りれます。
また、カードの限度額が多く設定されるほど金利が低くなりますので、利用中にどんどん金利が引き下がる可能性があるのも総量規制対象外です。
カードローンの金利に不安を感じている方もいると思いますが、そういうときこそ総量規制対象外を選んでください。


このページの先頭へ戻る