収入証明書不要のカードローン

収入証明書不要で利用できるキャッシング

キャッシングの選び方で迷いがあるなら、収入証明書不要で利用できるカードローンを選んでください。
収入証明書不要で申し込めれば、書類の用意に時間がかかりませんので、申込みから融資を受けるまでがスムーズになります。
消費者金融と銀行カードローンとで証明書が必要になるときが異なりますので、まずは、その違いについて確認してみてはいかがでしょうか。

 

消費者金融のキャッシングで収入証明書が必要になるのは?

 

消費者金融のキャッシングで収入証明書が必要になるのは、希望する金額が50万円を超えるときです。
貸金業法という法律によって決められていますので、プロミスやアコムなど、すべて同じ基準となっています。
また、すでに消費者金融の借入がある方は、消費者金融の残高の合計が100万円を超えるときにも証明書が必要です。
証明書なしで借りたいときは、銀行のカードローンも検討してみてください。

 

銀行カードローンの収入証明書の提出基準について

 

銀行カードローンの申込みでは、収入証明書の提出基準は、銀行ごとによって決められています。
バンクイックやレイクのように100万円までは収入証明書不要とするものもあれば、みずほ銀行カードローンのように200万円まで収入証明書不要というものもあります。
希望する金額によってキャッシング会社を選べますので、できるだけ証明書不要で申し込めるサービスを選びましょう。

 

収入証明書以外のキャッシングの申込みでの必要書類について

 

収入証明書が必要なければ、用意するべき書類は、本人確認書類だけです。
本人確認書類は、キャッシングに申込んだ本人であることを証明するもので、通常は、運転免許証を用意することになります。
運転免許証の取得をしていない方については、健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードなどを用意します。
本人確認書類があれば、印鑑や保証人の書類などもありませんので、すぐにでも申込みが始められます。


このページの先頭へ戻る