収入証明書不要のカードローン

学生ローンの審査で年収の嘘はバレるか?

少しでも確実に学生ローン審査にとおりたいということで、年収や他社借入などに関して嘘をついてしまうケースがあるようです。
学生ローン審査での嘘は、ときには致命的な審査落ちの原因となることがあります。
簡単にバレてしまう審査項目もありますので、基本的には、正直に現在の状況を伝えるようにしてください。
ここでは、学生ローンの審査でのバレる嘘とばれない嘘の違いについて説明したいと思います。

 

他社借入れ残高や件数の嘘について

 

すでに別会社のローンを組んでいる学生は、現在の借入れを隠したいと感じるかもしれません。
しかし、他社借入れ残高や件数については、信用情報機関のデータを参照することで、嘘かどうかが簡単に見分けられます。
借入件数や残高を少なく申告してしまうと、ほぼ間違いなく審査落ちとなってしまいます。
ローンの残高や件数については、正確に伝えることを基本としなければなりません。

 

アルバイトをしていないのにしていることに!

 

消費者金融の利用は、学生でもアルバイトしていなければ不可能です。
アルバイトしていない学生がしているかのように装って申込んでも、審査でバレてしまう可能性があります。
勤務先への電話連絡でお勤め先の情報の正確性を確認する手続きがありますので、このタイミングで嘘がばれてしまいます。
セブン銀行カードローンのように「電話連絡なし」というローンもありますが、やはり、正直に審査項目を申告する方がいいでしょう。

 

学生ローン審査での年収の嘘について

 

学生ローンで申告した年収が正確かどうかは、収入証明書類を元に確認されます。
消費者金融の申込みなら「50万円超」、バンクイックやレイクなどの銀行ローンなら「100万円超」の希望額で収入証明書の提出が必要になります。
収入証明書の提出を求められたときに、嘘がバレてしまい、審査落ちとなるケースもありますので、できるだけ本当の年収を申告することをおすすめします。


このページの先頭へ戻る